25

七里長浜
風力発電所
青森県鰺ヶ沢町

北に恵み豊かな日本海、南に世界自然遺産「白神山地」の雄大な景色が広がる青森県鯵ヶ沢町は、農業、林業、漁業、観光を基幹産業とする西津軽の中心地の一つ。西津軽地域は冬の風が強く、「地吹雪体験ツアー」が催されるほど風資源が豊かな地域です。近年は風車の建設が相次ぎ、青森県内でも屈指の集積地に。西津軽の海岸はすっかりクリーンエネルギーの産地になっています。 

「七里長浜風力発電所」は、津軽港(旧七里長浜港)そばの今須地区に建設されました。開発を開始したのは2009年ですが、2011年3月の東日本大震災後、経済産業省など国の法改正が続いたことに加え、建設候補地から東北電力の送電線まで離れていたため多くの地権者さんに受け入れていただく必要があったことから、10年という歳月を要することになりました。ただ、物流港湾である津軽港から近いことが幸し、資材の荷揚げ・輸送作業はきわめて順調でした。3基・合計出力5,970kWの発電所は、2020年1月下旬に運転を開始。その姿は町の中心に近い鰺ケ沢漁港越しによく見え、再生可能エネルギーの町・鯵ヶ沢を象徴しています。

正式名称:七里長浜風力発電所
事業主体:株式会社鰺ヶ沢市民風力発電
運転開始: 2020年1月下旬
設備能力: 1,990kW×3基
風車機器:ローター直径103m ハブ高85m     
     GE Wind Energy社製

七里長浜風力発電所
青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字北浮田町

↑TOP